あなたは1人じゃない。

病気について知る

あらかじめ知っておくとためになる、初期症状

うつ病の症状は様々です。 とにかく初期の段階で発見できれば治療期間も短く、経済的な負担も少なくてすみます。 うつ病は、ここ10年くらいで2倍以上に患者数が増えています。 それは現代社会におけるストレスが大きな原因と言われています。 うつ病にはどんな症状があるのか、把握しておく事で、もしかして自分もうつ病かもしれないと思っても、見過ごすことなく早期に気付き、治療に専念することができる可能性が高くなります。 また、うつ病への知識があるだけで、予防を心がけることもできます。 初期症状は、体がだるかったり、やる気が出ない、無気力や不眠、食事がおいしいと感じない、いつものテレビが楽しくないなど、日常生活での当たり前が少しおっくうになっている状態です。 こんな症状を感じたら、厚生労働省が出しているセルフチェックシートでチェックしてみてください。

うつ病になりやすい人と予防策

うつ病になりやすい人の傾向としては、大きく分けると女性です。 そして精神的にあまり強くない方に多くみられます。 また、ホルモンの変化の関係(更年期障害)などで、40代、50代の女性だけでなく、男性にも起こることがあります。 性格で分けると、男女どちらでも几帳面だったり、責任感が強い、完璧を目指そうとする、潔癖症など細かい事が気になる性格の人がなりやすい傾向にあります。 現在は、薬やカウンセリングなどでの治療が主ですが、症状や性格によって、治療期間が大きく異なります。 ですから、うつ病にならないよう普段から気をつけることが最も大切です。 心が休まる場所を普段から探しておいたり、何でも話せる友人や家族がいると、うつ病の予防にとても有効です。

うつ病の症状が研究され始めたのは

ストレスが多い社会となりうつ病を含めた精神疾患に悩まされる人は多くいます。うつ病がはじめてこの世に出てきた、認知されたのは紀元前5世紀から4世紀ごろであるといわれています。「四体液説」という説が唱えられはじめ、憂鬱という意味の「メランコリ」という言葉がその説の中から誕生しうつ病という病気や症状が研究され始めました。しかしその後18世紀から19世紀にはその言葉が消え、再び注目を集めるようになったのは20世紀に入ってからでした。メランコリという言葉が再び注目を集めるようになったのです。歴史的に見てみますとうつ病の症状と似た症状を示している偉人も多く、古くからうつ病に悩まされる人がおり現代の人々にのみ現れるものではないということです。

今後どのように患者と向き合うかが課題

うつ病の症状を訴えている人の数は世界中で3億5千万人(2013年の段階で)いるといわれており、わが国においては2008年には100万人を超え104万人となっています(うつではない気分障害を含んだ数です)。1996年には43万人ほどでしたので、2倍以上も患者さんが増加したことになります。潜在的な患者さんの数はもっと多いとされ、今や社会問題となっています。うつ病が増えることにより経済的なダメージも大きく、今後どのように向き合って患者数を減らしていくのかが問題になります。また今まではうつ病の診断は問診を中心としたもので明確な指標がありませんでした。しかし最近になって脳内の血流を図り診断を行う診断方法が補助的に使われるようになっています。この診断を補助的ではなく明確な診断に使うこ戸ができるようになることが課題です。

うつ病の兆候を知っておきたい方へ

そばに誰かがいないと淋しくてやりきれない、料理や洗濯、掃除するのが面倒になる。買い物に時間がかかり、何を購入すれば良いか迷ってしまう、職場での些細な事さえ判断できなくなるなど、日常生活において、何をしても面白くなく楽しめない、集中力が失せ、あらゆる事が億劫になり、ちょっとした選択さえさえ決断できないという兆しがあらわれたら要注意です。うつ病になる可能性が高くなっています。身体的にも性欲、食欲の減退が目立ち始めると、やがて、うつ病の初期症状が始まり、イライラが続き、仕事や家事の効率が著しく低下してしまい、生活全般に支障を来たします。つまり、意欲、思考、感情面において、典型的な症状が見えてきます。気になりだしたら、誰かに悩みを少しだけでいいので打ち明けてみたり、日記を書いたり、絵を描いたりする事でもやもやしていた気持ちが落ち着く場合もあります。天気が良い日に、気分転換を図るために散歩やストレッチなど軽い運動を自宅や公園で行う事もおすすめします。但し、人間は、本来、気温差や気圧に左右されやすいので体温調整はくれぐれも気を付けてくださいね。

症状と治療法

同じうつ病でも、性別によって症状は異なります。男性の方が自殺願望が強く、女性の場合は気分が落ち込みやすかったり、無気力になったりします。うつ病治療として、病院では薬物療法や精神療法が行われています。

READ MORE

春になるうつ

春になると気分が落ち込みやすくなるというのは、典型的な春うつです。春は、周囲の環境が変わりやすい時期なので、ストレスをじるのです。症状としては、不眠、無気力、食欲不振、疲れやすい、便秘などがあります。

READ MORE

クリニック

うつ病を治すためには、クリニック選びが大切です。実績が豊かなクリニックもあるので、そのようなところで治療することで、安心して治療に臨むことができます。診療科が細分化したことで、症状によってクリニックを選ぶこともできます。

READ MORE

治療費用

うつ病治療にかかる費用は、1回で10,000円程度です。負担を軽減するために健康保険を活用した方が良いです。うつ病は中年期に発症しやすいですが、現実的な困難が発症の原因となることが多いです。

READ MORE

食生活

うつ病と一言で言っても、その症状は様々です。食欲の減退や体重の減少、不眠などがあります。改善する1つの方法として、食事に気を配ることです。バナナには、人間の精神を安定させる作用があるので、効果的です。

READ MORE